屋根修理ブログ

金属瓦は「高価」と言われるけどそのメリットは?金属瓦は地震に強くコスパが良い!

神奈川県相模原市で屋根修理・屋根リフォームを手がけている株式会社三建材です。

ひとくちに瓦といっても様々な種類があります。以前にご説明したように、陶器やコロニアルや金属といったものが一般的です。なかでも近年では、金属瓦を屋根に採用される方が増えています。

 

金属屋根のメリット

圧倒的に軽いから地震のとき安心

金属瓦を屋根に採用される方のほとんどが、軽いことを理由にされています。金属瓦の重量は陶器の10分の1、コロニアルの4分の1にまでなります。瓦が軽いことにどのようなメリットがあるのでしょうか?実は、屋根を軽くすることで住宅が地震の揺れに耐えられるようになるのです。特に、直下型地震の場合は下に圧力がかかります。もし瓦のせいで屋根が重いと住宅が倒壊してしまいます。大きな地震はそうそう起こるものではないのですが、住宅を建てるということは同じ場所に何十年も住み続けることになりますから、もしものときのことを考える人が多いのもうなずけることです。

 

メンテナンス費用が安い

金属瓦とよく比較されるのが、安くて軽いコロニアルです。しかし、コロニアルの場合には塗装が数年で落ちてしまうというデメリットがあります。塗装がはげてしまえば瓦が割れてしまい雨漏りなどのトラブルの原因となります。これを防ぐためには、定期的なメンテナンスが必要となってくるのですが、そのせいでコロニアルのメリットである安さの魅力が半減してしまいます。いちいち屋根のメンテナンスの時期を気にしたり、屋根塗装業者を手配してメンテナンスを依頼したりするのも面倒です。一方の金属瓦は、塗装はされているものの金属瓦の塗装の表面(塗膜)はしっかりしているので、簡単にははげることはありません。確かに、金属瓦のほうがコロニアルよりも割高なのですが、メンテナンスの手間やコストを考えれば金属瓦が割安なのです。

 

保証期間が長い

 

金属瓦のメリットとして、保証期間が長いことも挙げられます。金属瓦の塗膜がいくら丈夫とはいえ工場で作られている大量生産品です。そのため品質にもばらつきがありますので、本当に長持ちするのかどうか、イマイチ信用できないという人もいらっしゃるでしょう。しかし、金属保証の場合には塗膜の丈夫さをウリにしているので、保証期間が長めに設定されています。もし想定外の事態があったとしても保証があれば安心です。

金属瓦のデメリット

 

価格が高い

 

陶器・コロニアル・金属の瓦の価格を、比較すると金属が最も高くなっています。これが金属瓦を導入する際のハードルになっているようです。色々と物入りの新築前後にお金を残すのか、長い目での節約を考えるのかよく検討してみてください。その時の気持ちで考えると、目先のお金に気を取られて金属瓦の採用を見送ってしまいがちです。しかし後々になってコロニアルの面倒くささに後悔する人も後を絶ちません。自分たちのライフスタイルや考え方をもとにすると後悔も少なくなるでしょう。

 

保証の対象外の地域がある

 

金属瓦の魅力のひとつに保証期間が長いことを挙げましたが、金属は当然のことながら円分に弱いために、沿岸500m以内は保証外となっています。もちろん金属瓦はフッ素で表面がコーティングされており、塩害への対策はなされているのですが、金属に対する塩分の影響は甚大なものです。沿岸500m以内に新築を立てられる方は、金属瓦は避けたほうが無難でしょう。

 

瓦自体は錆びないが……

 

金属瓦自体は錆びない素材を用いているので、先ほどお伝えように海の近くでもない限りは、錆びません。しかし、金属瓦が錆びなくても周辺のもの、例えば釘やビスが錆びてしまうことはよくあり、それらの錆が移ってしまいます。錆びないはずの金属瓦が錆びてしまうのには、このような理由があったのです。しかし、コロニアルほどではないにせよ、塗装を繰り返すことで金属瓦が錆びてしまうことを防げます。そもそも、金属瓦は錆びないとはいえ凹みなどの損耗も起こり得ます。凹みによってさらなるダメージがあったとしても、それは保証対象外となってしまいます。耐久性に優れた金属瓦ですが、大切な住宅の一部なのですから屋根のことは気にかけておくのがオススメです。

 

屋根の寿命はメンテナンスで決まる

今回は耐久性に優れ、長いスパンで見た時のコスパが良い金属瓦を紹介しました。ご自身の考え方やライフスタイルに合った瓦選びにお役立ちできれば幸いです。

 

しかし屋根の寿命は、瓦そのもののポテンシャルに加えて、ポテンシャルを引き出していくメンテナンスにかかっています。いくら強靭な素材の瓦だとしても、24時間365日雨風と日光にさらされる屋根。メンテナンスは必ず必要になります。そのメンテナンスがいい加減だと、屋根の性能はすぐに落ちてしまいます。

 

屋根の上の作業は、家主様の目が届かないため手間を惜しんだ作業が行われてしまっている場合もあります。屋根塗装や屋根修理を業者に依頼する際には、口コミやネットで本当に信頼できる業者かどうかをしっかりと確認してからにするようにしましょう。