屋根修理ブログ

複雑でわかりにくい!?屋根修理の見積もりはこうやって見よう

神奈川県相模原市で屋根修理・屋根リフォームを手がけている株式会社三建材です。

今回は修理の費用項目が細かく、なかなか理解しにくいことに定評のある「屋根修理の見積もり」の項目を一つ一つ解説していきます。

なお、見積書には記載されていない項目もあるため、見積書に目を通した際に疑問があれば些細なことでも質問するようにしましょう。

屋根修理の費用項目と解説

見積書 電卓

足場・足場シート

屋根修理を行うための作業足場のことです。

足場シートは屋根修理を行う際に、下に材料が飛散しないよう保護するためのシートです。

大手ハウスメーカーでは足場代が1500円/平米、シート代が200円くらいが相場となっている一方、Dホームでは足場代が800円/平米、シート代が150円くらいとなっています。

なぜ大手メーカーと比べ安いのかというと、「D.ホームとの作業は円滑でやりやすい」と足場屋さんから評価していただけているからなんです。

足場に感しては値段が安いから悪い、というものではありません。

既存瓦解体撤去

取り替える瓦を剥がすことです。

野地板

既存の下地となる耐水ベニヤの上に、新しい板を貼る工程です。

一般的には9mmか12mmのものを使用します。

質の低い、薄い野地板を使ってしまうと野地板が反ってしまうので厚い板を使用するのが吉です。

屋根修理診断をして、屋根が抜けそうだと判断した時は特に厚い野地板を使うようにしています。

防水シート

別名ルーフィングといいます。

見積書に使用している防水シートの種類を記載する場合と記載しない場合があります。

D.ホームでは必ず使用する材料を明記していますが、例えば他社に見積もりを依頼した際に種類が記載されていなかった場合は直接聞いて確認した方が安心です。

Pカラーという防水シートはとても安く、新築ではほぼこれが使用されています。

防水シートの費用はピンキリで、20m3000円のものから6,000円を超えるものまであり、費用の違いは

⑴粘着があるかないか。粘着付きの方が高い⑵シートが熱に強いか弱いか

の2点になります。防水シートは大きく見積もり内容が変わるポイントなので注意深く確認してみてください。

屋根の商品

ここにはコロニアル、瓦など選んだ商品が記載されています。

軒先唐草

屋根の軒先につけるものです。水を回り込ませないように返しがついています。

軒先唐草は目立たない部品ですが価格差があり、純正品をしっかり使用するか金物を自分で折って使用する職人がいます。

D.ホームは全て純正品を使っています。純正品を使わないとメーカーの保証対象外になる恐れがあるので注意が必要です。

ケラバ

屋根の横部分に使用する金物です。横から屋根の下に水が入らないように止めるためにつけます。

屋根のてっぺんの部分ですね。雨押さえが木の場合は釘を打ちますが、樹脂だった場合はビスを打ちます。

ビスの方が抜けにくく、費用も高くつきます。

雨押さえ

雨押さえ 解説図

棟の下に引く抜き板のことで、継ぎ目や隙間に雨が入らないようにするパーツです。このパーツを木にするか樹脂にするかで費用が変わってきます。樹脂は腐らない分値段も高くなります。

⑴下り:屋根と屋根の継ぎ目に雨が入らないようにするパーツです。

⑵平:一階部分の屋根と壁の間に雨が入らないようにするパーツです。

屋根 谷 解説

屋根が複雑な形状をしている時に雨水をスムーズに流すために取り付けるパーツです。

屋根の下から水が入り込まないよう返しがついていますが、純正品かどうかによって雨漏れのしやすさが変わってきます。

雪止め

雪が落ちないように止めるパーツで、屋根に直接取り付けます。

このパーツには鉄製のものとスタンレス製のものがあり、昔の屋根は鉄の雪止めを使っているものが多いです。鉄製だとサビやすいので、雪止めが原因で周辺箇所もサビてしまうことがあります。

D.ホームではサビを防ぐために、全てステンレス製ものを使用しています。見積書には鉄製かどうか記載されていないため、個人で確認した方が良いでしょう。

処分費

その名の通りゴミを処分する費用です。これは必ず見積書に記載されている項目になります。

諸経費

20%までの額は見積書に記載できるようになっています。諸経費に関しては会社によって違いがあるのでこの項目に関してもしっかり確認した方が良いでしょう。

D.ホームでは諸経費を取っていません。

 それぞれの項目で注目すべきポイントを理解すれば見積書も怖くない!

家 チェック

以上、屋根修理にまつわる費用項目と確認すべきポイントを解説しました。

屋根修理はまとまったお金が関わってくる話なので、どれくらいの金額が何に使われるのかしっかり把握した上で修理を依頼したいですよね。

ぜひこの記事でご紹介したポイントをもとに見積もり額が妥当かどうか判断してみてください。