屋根修理ブログ

後付け可能!どんな屋根もOK!雪止めなら屋根専門工務店の三建材にお任せを

神奈川県横浜市で屋根修理・屋根塗装を手がけている三建材です。

「今年は大丈夫かな」と思っていると、急に降り積もり始めるのが、雪の怖いところ。皆さんは、屋根の雪対策をきちんとしていますか?

雪止めで雪の事故を防ぐ!ご近所トラブルも未然に防止

特に、大雪のときには、屋根からずり落ちた雪の下敷きになることを避けるために、屋根には近づかないようにしていると思います。屋根からずり落ちた雪は、人命にとっての脅威だけでなく、ベランダやカーポートあるいは自動車そのものなどを破損させる原因となることがあります。

自宅の被害よりも深刻なのが、ずり落ちた雪が隣家に落ちてしまった場合です。雪がずり落ちたことで、隣家のモノを壊してしまって、ご近所トラブルに発展したという話は、実は雪が降る地域の「あるある話」でもあります。

このように危険な雪のずり落ちですが、「雪止め」と呼ばれる施工を屋根にほどこすことで予防することができます。雪止めというと、後から付けるのは無理だと思われている方もいらっしゃいますが、三建材では後付け可能な雪止め施工を行っています。

どのようなタイプの屋根にでも雪止めを施工することはできます。大雪が降るたびにヒヤヒヤしているのなら、ちょっとした施工で冬の安心を手に入れてみませんか?

積雪のあとには屋根のチェックで住宅を守る

雪は、雪の重みや水分というストレスに屋根が長時間さらされる状態を生み出します。そのため、積雪があった冬の後には、屋根のチェックを行うことを私たちはオススメしています。

もし、雪によって塗装が損耗していれば、瓦の破損という雨漏りに直結する事態になりかねません。また、100万円以上も費用のかかる「葺き替え」にもつながります。

住宅の資産価値を確実に守るのなら、春になったら屋根のチェックを屋根修理業者に依頼したほうがいいでしょう。

雪止めの施工も専門業者に依頼したほうが良い理由

これは雪止めの施工に限ったことではないのですが、屋根の施工で専門業者以外に頼むときには、注意が必要です。なぜなら、屋根の構造を理解していないがための、トラブルが起こしがちだからです。たとえば、釘を打ってはいけないところに打っていることも。このようなミスは、お客様からはなかなかわかりません。屋根修理は、信頼できる専門業者に依頼するのが一番安心です。

私たち三建材では、お客様にご納得いただけるように工事を進めることをポリシーとしています。あまり良くない屋根修理業者だと、お客様に説明することなく、工法を決めていって、勝手に進めてしまうことがあります。これでは、割高で不必要な工事をされてもお客様がわかりません。私たちは、ベストな提案をしていることを、図解で説明してお客様にご納得していただいています。これが私たちが地元で信頼を勝ち取ってきた理由です。

屋根についての不安や不満がありましたら、まずはご相談からでも三建材にご相談ください。お気軽なお問い合わせ、大歓迎です。