屋根修理ブログ

屋根修理業界20年のベテランが語る!「良い屋根修理業者とは?」

神奈川県相模原市で屋根修理・屋根リフォームを手がけている株式会社三建材です。

今年も雨が降り続ける嫌な季節がやってまいりました。ついつい放置してしまいがちな屋根のメンテナンスですが、長雨が続くシーズンに突然として雨漏りなどの具体的なトラブルが発生することも多々あります。すでに怪しい兆候を見つけて、たまの晴れ間に放っておいた屋根修理に手を付けようという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、屋根修理というものは人生のなかで度重なるものではありません。ほとんどの方が屋根修理を頼むのは初めてだと思います。一方で、屋根修理についてお客様が詳しくないのを良いことに暴利をむさぼる訪問セールスが横行しているのもまた事実です。おまけに、高い料金がかかる屋根修理業者にかぎって、ろくな仕事をしていないことも。お客様からは仕事をしている現場がよく見えない屋根修理の仕事ならではのことです。

そこで今回はD.ホームの屋根職人の三好に、良い屋根修理業者を見わけるにはどうしたらよいのかについてインタビューしてきました。三好は20歳くらいのときに屋根修理の業界に入り、20年以上屋根職人として働いてきた大ベテランです。「後々まで仕事が形として残したい」という熱い思いをもって、今も第一線で活躍している職人のひとりです。

良い屋根修理業者は「選択肢」を提示してくれる

―良い屋根修理業者というのは、やはり最新のやり方で施工しているものですか?

そうですね。メーカーから伝えられる屋根材の施工方法は、時々によって変わります。それは、それなりの意図があってのことなので、昔のやり方と異なっていたとしても、柔軟にメーカーから伝えられる方法に沿うことが大切です。

でも、屋根修理の方法というのは、私がこの業界に入った20年前と今を比べて、根本的なところは変わっていないんですよ。ですので、柔軟に新しいやり方に対応できるベテランの屋根職人がいるところは、良い屋根修理業者だと言えるんじゃんないでしょうか。

―柔軟さというのはお客様に接するときにも求められそうですね。

お客様のご要望を実現することは絶対ですので、柔軟さは大切ですね。あまり良くない屋根修理業者の例を挙げるならば、自社のやり方やおすすめにこだわりすぎているところは、避けたほうがよいかもしれません。例えば「絶対にこれがいい」とひとつの商品を仕切りと薦めてくるとか。その背景には、お客様ではなく業者の都合があるかもしれないので要注意です。

良い屋根修理業者なら、「屋根材にはこれとこれがあります」という風に、それぞれの特徴といっしょに選択肢を提示してくれるものです。

―ちなみにD.ホームのオススメはありますか?

最近、おススメしているのは、ニチハが販売しているプレミアムシリーズです。これはスレート瓦なのですが、通常のスレート瓦とは異なっていて塗装がしっかりしているので屋根に重厚感がでるところが人気の秘密です。断熱材も入っていますので、ニチハのプレミアムシリーズに屋根材を替えてから屋内が過ごしやすくなったとの評判もいただいています。

―ベテランとして若い職人を育てる立場だと思いますが、どのようにして職人を育てていますか?

屋根修理で一番大事なのは、長い間雨漏りをしないようにすることです。それには、手を抜かずにきっちりと仕事をすることが求められます。一方で、屋根は住宅の見映えを左右する要素でもあるので、綺麗に仕上げる必要もあります。ここはセンスの問題です。経験を積んで磨いてもらうしかありません。

以上のようなことを踏まえて、若い職人には、私が昔言われてきたように「早く綺麗に」と口を酸っぱくして伝えています。良く言えばゆっくり、悪く言えばダラダラと仕事をしていれば、ある程度は誰だってきちんと綺麗な屋根修理ができるようになります。でも、私たちはプロですので、それを「早く」することを常に求めています。

屋根は職人の腕次第で寿命が大きく変わります。私がまだ小僧のころに葺き替えた屋根が今も残っているのをみると、よかったなと思います。この喜びを若い職人にも感じてほしいと思っています。

(インタビュー、以上)

屋根修理のことはなんでもお尋ねください!

お客様が屋根のことについて詳しくなくても当たり前です。もし、「なんでこんなに料金がかかるの?」「もっとこういう風にできないの?」などなど、疑問がありましたらお気軽にお尋ねください。私たちは、絵に描いて、お客様がビジュアルで直感的に理解できるようにするなど説明に一工夫しています。ご納得していただいたうえで、安心できる屋根修理を提供したいと思っています。