屋根修理ブログ

屋根修理が必要な屋根とは?「家」の資産価値を自分で守ろう!

屋根修理ブログ屋根解説

一軒家をお持ちの方なら実感されていると思いますが、一度ならず二度三度と屋根修理業者がセールスにやってきたことがあるはずです。訪問セールスは断っている方も多いと思いますが、実は屋根修理業者も効率を考えて、屋根修理が必要そうな一軒家を訪問しています。

 

屋根修理業者は屋根修理が必要そうな家をどのように見分けているのかについて、屋根修理を仕事にしている私たちが解説します。

 

和瓦の場合

屋根の構造は、和瓦と洋瓦で異なります。そのため、屋根修理の必要性を見極めるうえでのチェックポイントが異なっています。

 

漆喰がとれて中の土が見えている

 

和瓦は土を中につめ、漆喰でコーティングするような方法で屋根に葺かれています。しかし、雨風にさらされるうちに、コーティングの漆喰も徐々に劣化していきます。そしてついには、漆喰がぽろっと落ちてしまうことすらあるのです。このような状態になると大変です。なかにあるのは土が、雨風にさらされるうちに溶けて流れていってしまい、ついには瓦が外れてしまうのです。漆喰の状態は、外からでも見ればわかります。なかの土が露出していないかチェックしてみてください。

 

鬼瓦が倒れている

 

鬼瓦はワイヤーで棟と繋がれているのですが、徐々にワイヤーが緩んでくると、垂直に立っていたものが、前方に倒れてきてしまいます。こうなると、鬼瓦と棟の間に隙間ができてしまい、そこに水が入れば雨漏りの原因となってしまいます。

 

「ケラバ」が外れている

 

ケラバとは、屋根の最も端っこにあたる部位のことです。通常では、屋根と密着しているのですが、日光や雨風の影響で歪んでくると徐々に外れてきてしまいます。ケラバが外れてしまうと、鬼瓦のケースと同様に、隙間から水がはいってきてしまうので雨漏りの原因となります。

 

瓦が落ちている

 

庭や家周辺を掃除しているときに、瓦の破片が落ちていたら要注意です。その瓦は皆様のご自宅の瓦の可能性があるからです。瓦がなければ、当然屋根の木材などが雨風にさらされますので、腐ってくることもあります。すぐに屋根修理業者に問い合わせたほうがよいでしょう。

 

洋瓦の場合

昨今では、洋風の一軒家のほうが多くなっていますから、こちらのほうが役立つ方が多いかもしれません。

 

変色している

 

見た目で分かりやすいのが屋根の色。紫外線や水分を受けている屋根が多少の変色をすることは止むを得ませんが、一カ所が極端に変色している場合、要注意です。なんらかの原因で損耗してしまって屋根の役割を十分に果たしていない怖れがあります。

 

苔が生えている

 

洋瓦は和瓦よりも、苔が生えやすくなっています。苔が生えてしまうと、苔は水分をため込むので、常に瓦が水気にさらされている状態になってしまいます。そうなると、屋根の劣化が早まってしまうので、苔が大量に生えている場合、対策をとったほうがよいでしょう。

 

アンテナを最近つけてもらった

 

実はアンテナをつけてもらうことは屋根にとってのリスクです。というのも、アンテナ設置業者は屋根のプロではないために、屋根にとっては良くないことをしている場合があるからです。例えば、配線の見映えをよくするために、棟を持ち上げて中にいれることがありますが、これをすると棟の釘がぬけやすくなり、雨漏りの原因になります。アンテナを付けてもらった後には屋根のチェックをしてもらったほうがいいかもしれません。

 

屋根が金属の場合

瓦屋根以外にも金属屋根の一軒家もちらほらみかけます。

 

錆びついている

屋根に用いる金属は、当然のことながら錆びにくい素材を用いていますが、「錆びにくい」というのは、「自分から錆を発生させない」ということなのです。つまり、近くのアンテナなどが錆びた場合、そこの錆がうつってしまうリスクはあるのです。金属瓦は保証期間が長いので、屋根修理業者に連絡すれば無償で直してくれることが多いので、早めに連絡をとりましょう。

 

凹んでいる

金属屋根がなんらかの原因で凹んでしまうと、水が凹みにたまってしまいます。そうなるといくら「錆びにくい」とはいえ、錆びを発生させてしまうリスクが急激に増大してしまいます。しかも、凹みによる錆びは金属瓦の保証対象外になっていますので、錆びつく前に屋根修理業者に連絡をとることをオススメします。

 

自分で守ろう!「家」の資産価値

 

一度雨漏りを起こしてしまうと、水気に弱い家の内部に水気が入り込んでしまうので、「家」の資産価値が減少してしまうおそれがあります。

 

屋根修理業者もセールスのきっかけをつかもうと屋根修理が必要な家を常に探していますが、それでも見落とすことがあります。

 

屋根修理業者に言われて、慌てて直すのではなく、まずはご自身で屋根のチャックをしてみてはいかがでしょうか?