屋根修理ブログ

屋根の補修なら「専門業者」一択のわけ

屋根の補修、業者選びで迷うならぜひ!専門業者をお選びください!

こんにちは。神奈川県相模原市で屋根修理・屋根リフォームを手がけている株式会社三建材です。

今、皆様がお家の屋根の補修を考えているとしたら、業者選びは弊社のような「屋根修理業者」だけに限定されません。実際に屋根の補修が必要になり、施工業者を探したことがある方なら知っているかもしれませんが、実は屋根の補修は「塗装業者」にも発注をする事ができるのです。

しかしながら「餅は餅屋」。専門で屋根修理を行っている弊社からすれば、「塗装業者よりもちゃんとした屋根修理業者を選んで欲しい」というのが本音であります。そこで、今回の記事では「屋根補修業者ならでは」のアドバンテージをアピールさせて頂きたいと思います。

上からペンキを塗る「だけ」の補修?は少なくないのです

まず、塗装屋業者によく見られる屋根舗装について書かせて頂きます。実は塗装屋さんが屋根補修を受注する場合、その屋根の傷みの程度によっては塗装屋業者より屋根補修業者に連絡、屋根補修業者が屋根補修を施してのちに塗装を施工するケースが少なくないのです。つまりは「屋根の補修診断」の技術を持たない塗装屋さんは多く、結局のところ塗装屋を経由して屋根補修に特化した業者が施工に当たっている事になります。

しかし、実はこれは業界でも良心的な珍しい塗装業者さんになります。以下のことは決して全ての舗装業者の当てはまる事ではないのですが、業者さんの中には屋根の傷みや、腐敗具合を全く鑑みず、上からただ塗装を施すだけの施工を行うことが誠に多いのです。勿論の事、塗装を施すだけの修理の場合、表面上は治ったように見えるかもしれませんが、本質的な修理にはなっておりません。そのまま放置しておくと、また修理を違う業者に頼む羽目になってしまう事もあるのです。

修理どころか、屋根がさらに悪くなってしまう危険性も?!

よく見かけるのが「腐っている状態の上よりペンキが塗られ、さらには釘が飛び出た状態の屋根」。屋根修理を施工する弊社からすれば根本的な解決に全く結びついていない事が一目瞭然です。釘が最後まで打たれていない問題は屋根表面だけではなく、ケラバ(屋根の横の部分)にも同じ事が言えます。

また、塗装業者の施工が間違っていると屋根の経路を塗りつぶしてしまい、屋根の要とも言える水の流れを悪くしてしまう事も懸念されてしまいます。するとどうなるでしょう?水を逃す経路が塞がれた屋根に水がたまり下地に染み込む事になるのです。

修理を依頼したにもかかわらず、かえって、屋根をより痛める原因にも繋がってしまうのです。ペもっと酷い場合、隙間をコーキングで止められてしまって、水がたまりっぱなしの屋根なども散見することができます。これでは何のために修理をお願いしているのか分からないですよね。

専門知識・技術がものをいう屋根修理、原因を徹底追求します

専門的な知識が不可欠な屋根補修。では、屋根修理の専門業者の正しい施工はどのように進められるのでしょうか?

屋根の状態が分からないまま修理をする事など言語道断です。ですので勿論のこと、まず第1には屋根の下地点検から始まる「傷み具合の診断」から施工は始まります。そして釘の打ち直し、抜き板の交換などなど……。屋根表面の塗装作業に入るまでには何工程もの入念なチェックや専門技術・知識、そして何より経験が要求される施工が必要になってくるのです。そんな事当たり前だと思われるかもしれませんが、業界では「当たり前に行われていない」実態の背景があるのでご説明をさせて頂いているのです。

屋根補修の事なら、1度プロの弊社にお問い合わせください!

さてここまで、あけすけなくプロが見た場合の「屋根補修のずさんさ」を書かせて頂きましたが、前項でも書かせていただきました通り、以上は決して全ての業者に当てはまるわけではなく、もっと言えば「手抜き」の施工でもないのです。端的に言えば「屋根の補修道具」を持っていないのでしょうがない部分もあるのです。

繰り返しになってしまいますが屋根の修理にはどうしても専門知識・技術・道具が不可欠、そして屋根はお家の中でも直接雨風にさらされ、家の中で一番傷みやすい部分と言っても過言ではありません。

ですので、建物の美観も勿論大事なのですが、屋根の補修は「 家を守るためにやる補修」と捉えて頂きたく思います。  また「瓦だと補修しなくても大丈夫」と考えていらっしゃる方もいます。大切なお家の事です。決して「安い」とは言えない屋根の修理ではありますが、弊社は原因を徹底追及した上で「適切な修理」を行い、無駄な施工は回避する事がお客様のためだと強く思ったおります。