屋根修理ブログ

神奈川県相模原市 T様(個人住宅)

洋瓦系

瓦屋根はデザイン性や耐久性の高さから、今でも根強い人気があります。

ただし、定期的なメンテナンスをしないと本来の耐久性を発揮しません。

今回は神奈川県相模原市の洋瓦のお宅に、屋根メンテナンスにうかがいました。

ひもでくくって応急処置がなされていますが、瓦がずれてしまっているのが一目瞭然です。

これでは雨漏りが発生する恐れもありますし、台風や積雪時には瓦が外れてしまう危険もあります。

そこで今回は、瓦のずれを調整するためのラバー工事をおこないました。

写真は施工したラバーを乾燥させているところです。

瓦がずれている箇所は全体にわたっていました。

テープを外すとこのように屋根と同系色になっており、目立ちません。

少し引いてみてみると目立たないことが、おわかりいただけると思います。

 

瓦屋根は10年に1回を目安にメンテナンスするのがおすすめです。

費用は必ずしも同じとは限らず、状態によっては早めのメンテナンスで安くおさえられることもあります。

まずは現状調査についてお気軽にお問い合わせください。