屋根修理 施工事例

神奈川県相模原市の個人住宅事例:貫板の交換

スレート瓦系施工事例

神奈川県相模原市で屋根修理・屋根リフォームを手がけている株式会社三建材です。

屋根の状態を日ごろから気にされている方は、なかなかいらっしゃいません。

しかし、風雨や紫外線にさらされている屋根の状態は日々確実に悪化しています。

自然災害時に引き起こされるまさかの事態を防ぐために、定期的に屋根のメンテナンスをしましょう。

地上から屋根を見た際に、綺麗に見えるからといって安心はできません。

今回は、一見すると綺麗だけれども、実は問題が大有りな屋根の事例を紹介します。

事例の場所は、神奈川県相模原市の個人住宅です。

一見すると何の問題もないスレート屋根です。

塗装の剥げも、瓦のずれも見当たりません。

他の角度から屋根の様子を撮影したものです。

やはり一見すると屋根に異常は見当たりません。

しかし築年数から判断すると、内部のほうで問題が進行している可能性があります。

そこで棟板金を剥がして、貫板の状態をチェックしました。

すると、私たちが経験から推測した通りに内部の貫板はひどい状態でした。

広範囲にわたって貫板が腐ってしまっています。

このような状態だと、貫板を固定している釘が、その役割を果たすことができなくなります。

そうすると、もし台風などの大風で強い圧力がかかった際に、貫板がずれてしまいます。

貫板がずれてしまえば、またたくまに雨漏りが始まります。

お客様と相談した結果、これを機会にということで、貫板だけでなく瓦全体を吹き替えることになりました。

板の上に防水シートを丁寧に敷き詰めていきます。

貫板は、腐食しにくい最新の素材をご提案しました。

D.ホームでは、お客様のご予算やニーズに応じて、様々な屋根材をご用意しています。

上写真が、葺き替えが完了したときの写真です。

一見すると、まだまだ使えそうなスレート瓦でしたが、葺き替えてみるとその差は歴然としています。

お客様には「屋根を変えるだけで、自宅が新築になったみたいで嬉しい」と喜んでいただけました。

 

屋根の状態は、地上から目視しただけで分かるものではありません。

プロの目で見て、状態を判断をし、的確なメンテナンスを行うことが重要です。

D.ホームでは、現地調査から施工まで、手間暇を惜しむことなくお客様に全力を尽くしています。

一方で、屋根修理業界では手抜きや水増しが横行しています。

屋根修理は信頼できる屋根修理業者に依頼することが得策です。

D.ホームへもお気軽にお問い合わせください。