屋根修理 施工事例

神奈川県相模原市の個人住宅事例:スレート瓦の交換

スレート瓦系施工事例

 

屋根の点検・修理は、見た目に関わらず定期的に行うことをおすすめします。

「まだ綺麗だから大丈夫」と思って屋根の点検・修理のタイミングを見逃したがために、雨漏りなどの被害を受ける方は後を絶ちません。

今回は、一見すると何も不具合がないように見えて実は内部で問題が進んでいた事例を紹介します。

事例の現場は、神奈川県相模原市の個人住宅のスレート瓦です。

一見すると何の問題もないように見えます。

しかし、築年数をうかがうと屋根修理が必要となる時期のようです。

下から見るだけではわからないので、屋根に上がって確認作業を行います。

 

ちなみに、屋根の点検の際に、きちんと屋根に上がってくれるかというのは、屋根修理業者の良し悪しを見分けるひとつのポイントです。

屋根に上がるのは、神経を使うので疲れますし、何より時間がかかります。

私たちは、お客様にとって必要な作業を見極めるために屋根に上がって丁寧に点検しています。

棟板金を剥がしてみると、大きな問題が発覚しました。

貫板の一部が腐ってしまっていることがわかります。

このように腐ってしまうと、釘が抜け落ちてしまい貫板がずれる原因になります。

貫板のずれは直接的に雨漏りにつながります。

貫板を全て剥がしました。

また、これを機会にスレート瓦を葺き替えることになりました。

精確に防水シートを固定していきます。

防水シートの固定位置も実は重要で、屋根修理業者が手を抜いて固定箇所を減らせば、簡単にずれてしまいます。

防水シートのずれは、これも雨漏りにつながります。

スレート瓦を全て吹き替えました。

これで今年の夏も多いとされている台風がきても安心です。

お客様からも「屋根が腐っているとは知らなかった。葺き替えたら新築の様で満足」とお喜びの声をいただきました。

 

今回、ご紹介した事例のように、屋根のダメージは一見しただけではわからないことがほとんどです。

屋根にあがって、板金を剥がして、初めてわかることも少なくありません。

築年数から判断して、屋根修理が必要な年数に達している場合は、信頼できる屋根修理業者に点検をお願いすることをおすすめします。

 

弊社でも、屋根の点検から修理まで承っています。どこよりも分かりやすい説明と、明朗な見積もりでご対応していますので、お気軽にお問い合わせください。