屋根修理 施工事例

神奈川県横浜市の個人住宅事例:貫板・棟板金交換

施工事例金属・板金系

神奈川県相模原市で屋根修理・屋根リフォームを手がけている株式会社三建材です。

今年も梅雨が終わりました。カラッと晴れた日も増えて、気持ちのいい天気が続きます。

しかし、台風などの自然災害が多い季節でもあります。

自然災害に備えて、屋根の点検はされていますか?

屋根の点検を怠っていると、屋根は日ごろ目が届かない場所なだけに突然の破損につながることも。

屋根修理を行わない屋根はどのようになってしまうのか、今回も事例を通じて紹介します。

事例の現場は神奈川県横浜市の個人住宅のトタン屋根です。

一目見ただけで、貫板を覆う棟板金の塗装が剥げてしまっていることがわかります。

塗装が剥げた棟板金は、簡単に錆びてしまいます。

棟板金は、風の被害を最もうける場所です。

そのため、棟板金が弱ってしまうと、台風などで強い風が吹いた時、屋根のダメージが甚大になる恐れがあります。

雨漏りだけでも家屋の被害は深刻ですが、風で棟板金が飛散してしまうと、人身事故もあり得ます。

家屋の資産価値を守るだけでなく、人の安全を守るためにも、屋根の点検は定期的に行うことがおすすめです。

塗装が剥げてしまったことによる錆びは広範囲にわたってしまっています。

棟板金を剥がしてみたところ、案の定、なかの貫板も劣化しています。

貫板が半ば腐ってしまっているのが、写真からもわかります。

貫板は屋根のてっぺんで天候からのダメージに年中さらされているので、このような劣化を免れないのです。

しかも、貫板に打たれた釘も錆びていることもわかりました。

これでは、貫板を固定する役目の釘が、その役目を果たすことができません。

貫板がずれてしまえば、瞬く間に雨漏りを引き起こす原因となります。

 

これらのことをお客様にお伝えした結果、棟板金と貫板を交換することになりました。

 

ちなみに、棟板金を剥がすことは私たち屋根修理業者にとってひと手間かかります。

お客様にとって本当に必要な作業のみを行うために手間暇を惜しまずに棟板金を剥がしてチェックしています。

まずは貫板の交換です。

交換前の貫板はシンプルな木材でした。

D.ホームでは、より進歩した水にも紫外線にも強い素材を取り扱っています。

長期間にわたって、お客様にご安心いただける貫板を採用させていただきました。

また釘の位置が写真からもわかると思います。

釘の本数を惜しんで、手間を省く屋根修理業者もありますが、

D.ホームは誰に見せても恥ずかしくない適切な感覚で釘を打っています。

棟板金も最新の素材に変更しました。

これで、貫板や棟板金については一安心といったところです。

お客様からも「屋根の状態に全く気付いていなかった。丁寧な点検で納得いく説明をしてくれたから、交換に踏み切れた」とご満足の声をいただきました。

屋根そのものについても、塗装が剥げており錆が目立つので、屋根修理をご検討いただいているところです。

 

日常生活のなかでは、なかなか注目する機会のない屋根ですが、家屋の資産価値を守る大切な部分です。

運がよければ、地上から確認できる範囲で屋根の点検は事足ります。

しかし、地上からは目の届かないところで、劣化がすすんでいる場合がほとんどです。

やはり、築年数を目安にして屋根修理は定期的に行ったほうがよいのです。

もし、屋根の点検をご検討中でしたら、D.ホームにお問い合わせください。

確実な現地調査とご納得いただける見積もりで、高品質の屋根修理を行わせていただきます。