長持ちする屋根に
交換したい方

屋根を長持ちさせたい方は
金属瓦”への屋根交換をオススメします。

屋根の材料は大きく分けて4種類(和瓦、洋瓦、スレート瓦、金属瓦)ありますが、耐久性は金属瓦が最も優れています。 スレート瓦と比べるとコストは上がりますが、耐久面では塗装し直す必要がないため(美観を保つために塗装される方はい らっしゃいます。)メンテナンス費用を抑えることができます。中には30年の塗膜保証が付いている商品もあります。

金属瓦の特徴

  1. 経年劣化しにくい:基本的に錆びないため、屋根の材料で最も長持ちします。
  2. 重量が軽い:地震の時、建物に与える影響が少ないです。
  3. 耐火性に優れている:素材が金属なので火が燃え移りません。

金属瓦の種類(ガルバリウム鋼板)

金属瓦の種類(ガルバリウム鋼板) 材料費(25坪) 葺き替え費用(25坪) メーカー塗膜保証
天然石つき(断熱効果あり) 60万〜80万円 128万円〜148万円 30年保証
断熱あり+フッ素加工 45万円〜55万円 113万円〜128万円 20年保証
断熱あり+遮熱加工 40万円〜55万円 108万円〜123万円 10年保証
断熱なし 32万円〜40万円 100万円〜115万円 10年保証

金属瓦のオススメ商品紹介

マックス瓦(マックス建材株式会社)
  • 長所

    • 和風の家に合う金属瓦で和瓦のような見た目に仕上がる
    • 鬼瓦など瓦風なデザインを楽しめる
    • 鋼板が分厚く耐久性が高い
    • 瓦の波を組み合わせるため、台風など横殴りの雨も入らない
    • 瓦の下に風の通り道ができるので風の層の断熱効果が生まれる
    • 色落ちしない
  • 短所

    • 鋼板が分厚く金属瓦の中では重さがある
    • 価格が高い
価格
洋風の家との相性
和風の家との相性
10年後の見た目
塗膜保証 20年
GOKUROOF(千代田鋼鉄工業株式会社)
  • 長所

    • とにかく安い
    • 安さの割に断熱シートがついている
    • ガルバリウム鋼板(GLカラー鋼板)という材料を使っておりサビづらい
  • 短所

    • 数年経つと表面の塗料が粉を吹いてくすんでしまうため、美観を保つために塗装が必要(耐久性の観点では塗装は必要ない)
    • カラーバリエーションが少ない
価格
洋風の家との相性
和風の家との相性
10年後の見た目
塗膜保証 10年
スーパーガルテクト(アイジー工業)
  • 長所

    • 見た目が良い(キラキラ光るチヂミ柄が人気)
    • 傷が目立ちづらい
    • 金属瓦の中でも特に軽い
  • 短所

    • 数年経つとキラキラがなくなってしまう
    • 汚れが溜まりやすい
価格
洋風の家との相性
和風の家との相性
10年後の見た目
塗膜保証 15年
ルーフαプレミアムS(ニチハ)
  • 長所

    • 断熱材がしっかりしている(硬質ウレタンフォーム)
    • 雨音を避ける遮音性に優れる
    • 耐久性に優れる(フッ素加工)
  • 短所

    • 価格が高い
価格
洋風の家との相性
和風の家との相性
10年後の見た目
塗膜保証 20年
CORONA(デクラ屋根システム)
  • 長所

    • 洋風にも和風にも合う
    • 瓦調のデザインがある
    • ケイ素(ガラスの素材)が塗られているため塗料が落ちない
  • 短所

    • 鳥のフンがなかなか落ちづらい
価格
洋風の家との相性
和風の家との相性
10年後の見た目
塗膜保証 30年